【新着】記事上でGoogle検索対応

CFM56-7Bエンジン【全53シリーズ】型式番号からここまで追える

CFM56-7Bの種類

・民間機のB737-800から軍用機のP-8A(ポセイドン)まで、幅広い機種に搭載されているCFMI CFM56-7Bエンジン。そのシリーズは全部で何と53種類もあります。

一体、何がどう違うのか?

型式別に最大推力などをまとめてみました。

 

CFM56-7Bシリーズ型式別一覧

CFMI CFM56-7Bシリーズ
エンジン型式最大推力
(lbf)
連続最大
推力(lbf)
Flat Rate Temp
最大推力時気温
燃焼室EGT
(最大出力時)
”TI””E”高温高地型
型式証明
CFM56-7B1819,50086°F/30℃SAC1994/3/16
CFM56-7B2020,60019,40086°F/30℃SAC8841994/3/16
CFM56-7B2222,70022,30086°F/30℃SAC8861994/3/16
CFM56-7B22/B122,70022,30097°F/36℃SAC9071997/6/11
CFM56-7B22/B222,70022,300SAC2001/8/20
CFM56-7B2424,20022,80086°F/30℃SAC9081994/3/16
CFM56-7B24/B124,20022,800105°F/41℃SAC9201997/6/11
CFM56-7B2626,30025,90086°F/30℃SAC9201994/3/16
CFM56-7B26/B126,30025,90086°F/30℃SAC9201998/3/4
CFM56-7B26/B226,30022,80095°F/35℃SAC9202001/8/20
CFM56-7B2727,30025,90086°F/30℃SAC9201995/11/25
CFM56-7B27/B127,30025,90086°F/30℃SAC9201998/3/4
CFM56-7B27/B327,30025,90086°F/30℃SAC9201998/7/30
CFM56-7B27A27,30025,90086°F/30℃SAC9201999/9/8
 ”DAC” Dual Annular Combustor TYPE
CFM56-7B20/220,60019,40086°F/30℃DAC8941995/9/6
CFM56-7B22/222,70022,30086°F/30℃DAC8961995/9/6
CFM56-7B24/224,20022,80086°F/30℃DAC9181995/9/6
CFM56-7B26/226,30025,90086°F/30℃DAC9301995/9/6
CFM56-7B27/227,30025,90086°F/30℃DAC9301995/11/28
“TI” Tech Insertion
CFM56-7B18/319,50086°F/30℃SAC2004/4/23
CFM56-7B20/320,60019,40086°F/30℃SAC8842004/4/23
CFM56-7B22/322,70022,30086°F/30℃SAC8862004/4/23
CFM56-7B22/3B122,70022,30097°F/36℃SAC9072004/4/23
CFM56-7B22/3B222,70022,300SAC2004/4/23
CFM56-7B24/324,20022,80086°F/30℃SAC9082004/4/23
CFM56-7B24/3B124,20022,800106°F/41℃SAC9202004/4/23
CFM56-7B26/326,30025,90086°F/30℃SAC9202004/4/23
CFM56-7B26/3B126,30025,90086°F/30℃SAC9202004/4/23
CFM56-7B26/3B226,30022,80095°F/35℃SAC9202004/4/23
CFM56-7B26/3F26,30025,90086°F/30℃SAC9402006/4/12
CFM56-7B26/3B2F26,30022,80086°F/30℃SAC9402006/4/12
CFM56-7B27/327,30025,90086°F/30℃SAC9202004/4/23
CFM56-7B27/3B127,30025,90086°F/30℃SAC9202004/4/23
CFM56-7B27/3B327,30025,90086°F/30℃SAC9202004/4/23
CFM56-7B27/3F27,30025,90086°F/30℃SAC9402004/4/23
CFM56-7B27/3B1F27,30025,90086°F/30℃SAC9402004/4/23
CFM56-7B27A/327,30025,90086°F/30℃SAC9202008/1/2
“E” Evolution
CFM56-7B20E20,60019,40086°F/30℃SAC9042008/8/28
CFM56-7B22E22,70022,30086°F/30℃SAC9062008/8/28
CFM56-7B22E/B122,70022,30097°F/36℃SAC9272008/8/28
CFM56-7B24E24,20022,80086°F/30℃SAC9282008/8/28
CFM56-7B24E/B124,20022,800106°F/41℃SAC9402008/8/28
CFM56-7B26E26,30025,90086°F/30℃SAC9402008/8/28
CFM56-7B26E/F26,30025,90086°F/30℃SAC960*12008/8/28
CFM56-7B26E/B126,30025,90086°F/30℃SAC9402008/8/28
CFM56-7B26E/B226,30022,80095°F/35℃SAC9402008/8/28
CFM56-7B26E/B2F26,30022,80095°F/35℃SAC960*12008/8/28
CFM56-7B27E27,30025,90086°F/30℃SAC9402008/8/28
CFM56-7B27E/F27,30025,90086°F/30℃SAC960*12008/8/28
CFM56-7B27E/B127,30025,90086°F/30℃SAC9402008/8/28
CFM56-7B27E/B1F27,30025,90086°F/30℃SAC960*12008/8/28
CFM56-7B27E/B327,30025,90086°F/30℃SAC9402008/8/28
CFM56-7B27AE27,30025,90086°F/30℃SAC9282008/8/28
*1 全てのCFM56-7BのEGT限界値は950℃だが、一時的に960℃(20秒間)まで使用可能な型式がある。
・-7BAシリーズ(-7B27A、-7B27A/3、-7B27AE)は軍用機用
・/B3はBBJ用
・その他は、全て基本的にB737NG用

一覧表の見方

エンジン型式

・CFM56-7Bエンジンは大きく分けて8タイプある。

搭載機種は、B737NG(-600/-700/-800/-900/BBJ)、P-8A(軍用機用)などがある。

/以降の文字で付加された機能を読み取ることができる。

  • CFM56-7B:基本モデル SAC(Single Annular combustor)タイプ
  • CFM56-7B/2シリーズ:DAC(Double Annular combustor)タイプ
  • CFM56-7B/3シリーズ:Tech Insertion適用(環境性能・燃費向上モデル)
  • CFM56-7B/B1・B2シリーズ:高温高地型
  • CFM56-7B/B3モデル:BBJ用
  • CFM56-7B/Fシリーズ:EGTマージン増加型
  • CFM56-7BAシリーズ:軍用機用
  • CFM56-7BEシリーズ:HPT・LPT・HPCディフーザーなど大幅に改良した最終型
    /以降の文字は、/3B3や/B1F・/3B1Fなど組み合わせて使用する型式もある。

最大推力

・Flat Rate Temp(外気温)時に発生可能な最大推力。単位はポンド(lbf)で表示。

連続最大推力

・最大推力には時間制限がありますが、連続最大推力は時間の制限がなく発生可能な推力。単位はポンド(lbf)で表示。

Flat Rate Temp

・ターボファンエンジンの発生推力は外気温によって変化します。温度が高くなると最大推力は低下。上の表は、Flat Rate Temp(外気温)時の最大推力。

CFM56-7Bの標準は30℃となっているが、高温高地用の増強型は41℃となっているタイプもある。

燃焼器

Cannular combustor on a Pratt & Whitney JT9D turbofanOlivier Cleynen, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons(JT9D)

・ターボファンエンジンでは主流のアニュラー型の燃焼器がCFM56でも使われています。CFM56-7Bでは、燃焼ガスを作り出す内部の空間形状によって2種類のタイプがあります。

 

シングルアニュラー燃焼器 (SAC:Single annular combustor)

内部の円周状空間を1つの部屋(1つの大きな缶)というイメージで、同心円状に燃料ノズルが20~30個取り付けられている。

 

CFM56 Combustion Chamber Dome DetailNubifer, CC BY-SA 3.0, ウィキメディア・コモンズ経由で

デュアルアニュラー燃焼器 (DAC:Dual annular combustor)

SAC燃焼器内部の円周状空間に仕切りをつけて、2つの部屋にしたような物。燃料ノズルもプライマリーとセカンダリーという名称で同心円状に二重に取り付けられています。

燃料ノズルを二重にする目的は、燃焼ガス中のNOxなど有害物質の発生を抑えること。低出力時はシングルでSACのように作動させ、高出力時はデュアルで作動させています。

GE90-115Bの燃焼室もDACとなっています。

 

DOUBLE ANNULAR COMBUSTOR MODEL NO. 12 - NARA - 17418402アメリカ国立公文書記録管理局, Public domain, ウィキメディア・コモンズ経由で

EGT

・CFM56-7Bの場合、EGT(エンジン排気ガス温度)はLPT(低圧タービン)に入る前のガス温度を測定。単位は摂氏(℃)で表示。

全てのCFM56-7BシリーズのEGT限界値は950℃だが、一時的に960℃(20秒間)まで使用可能な型式がある。

”TI” Tech Insertion

・1994年に型式証明を取得した初期型のCFM56-7Bシリーズ。小さなマイナーチェンジは度々行われていたが、大幅に燃費や環境性能・整備コストを下げるプログラム”Tech Insertion”を2004年にスタートした。

その主な内容は、高圧圧縮機ブレードの再設計・燃焼器の改良・高圧、低圧タービンの改良となっており、その効果は燃費だけでなく整備コストも約5%削減した。

当初は初期型の改良キットとして提供していたが、2007年以降~2011年頃に新造されたエンジンには”TI”プログラムが適用されている。

”E” Evoltion

・2009年、ボーイングの737NGシリーズ 性能改善プログラムに伴い、エンジンも最新のアップグレード計画が発表された。

これまでのエンジンから大きく進化することから、Evoltionの頭文字”E”をとりCFM56-7BEと命名された。

2012年以降に導入されたB737NGシリーズは、改良されたこのCFM56-7BEが標準装備となっている。

 

↓CFM56-7BEについてはこちらで詳しく紹介しています↓

B737-800のエンジンを一瞬で見分ける!(CFM56-7BとCFM56-7BEの違い)

型式承認

・FAAの型式承認日を記載。

エンジン基本スペック

CFM56 シリーズ エンジン スペック・諸元表

国内を飛んでいるCFM56-7Bエンジン搭載機

JAL

JAL:B737-800(CFM56-7B24 エンジン)

・JALのB737-800は、導入時期によりCFM56-7Bと-7BEが混在している。

  • CFM56-7B24(-7B27):JA301J~JA340J(国際線機材は-7B27)
  • CFM56-7B24E:JA340J以降~JA349Jまで
    ※機体番号は2021/3/25現在の内容です。

JTA

JTA:B737-800(CFM56-7B24E エンジン)

・JTAが導入したB737-800は全て(JALからの移籍機も含め)CFM56-7BEとなっている。

  • CFM56-7B24E:JA01RK~JA12RK、JA350J
    ※機体番号は2021/3/25現在の内容です。

ANA

ANA:B737-800(CFM56-7B24E エンジン)

・ANAのB737-800は、導入時期によりCFM56-7Bと-7BEが混在している。

  • CFM56-7B24:JA51AN~JA68AN
  • CFM56-7B24E:JA69AN~JA90AN
    ※機体番号は2021/3/25現在の内容です。

スカイマーク

スカイマーク:B737-800(CFM56-7B26E エンジン)

・スカイマークのB737-800も、導入時期によりCFM56-7Bと-7BEが混在している。

  • CFM56-7B26:JA737N~JA73NG
  • CFM56-7B26E:JA73NJ~JA73AC
    ※機体番号は2021/3/25現在の内容です。

ソラシドエア

ソラシドエア:B737-800(JA67AN:CFM56-7B24 エンジン)

・ソラシドエアのB737-800は初期導入のJA801XとJA67ANのみCFM56-7B、それ以降は-7BEとなっている。

  • CFM56-7B26:JA801X
  • CFM56-7B26E:JA802X~JA813X
  • CFM56-7B24:JA67AN
    ※機体番号は2021/3/25現在の内容です。

AIRDO

・ANAから移籍したB737-700を保有。エンジンはCFM56-7B24。

軍用機

・軍用機ではP-8A(ポセイドン)もCFM56-7Bと-7BEが混在している。

 

航空資料館

型式別のスペックは、FAAやEASAの資料を参考にしています。エンジンや機体に関する内容は、複数の資料を参考にしているので間違いや勘違いしている場合もあります。間違いは見つけ次第修正しています。
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »