那覇空港発着の路線バス情報

CFM56-5A スペックと概要|A320ceoファミリー エンジン

A320ceo ファミリー用のエンジン、CFM56-5Aの概要とスペックについて紹介します。

CFM56-2/-3をベースに、推力25,000 lbf級のエンジンとして開発された-5Aシリーズ。

新設計のファンは、同推力の-2(ファン:44枚)と比較して、翼幅の広いブレード形状の採用や空力設計が見直された結果、枚数は36枚となった。

コアも大きく改良された。低圧圧縮機(LPC)動翼の再設計、高圧圧縮機ローターのクリアランス制御、新設計の高圧タービン翼、低圧タービンケースのアクティブ・クリアランス・コントロールの追加などがある。

また、A320の機体設計に合わせてエンジンの燃料制御にFADECが搭載された。

これらの改良によって、-2/-3シリーズと比較して約10%の燃費が改善された。

CFM56-5A の概要

CFM56-5A シリーズ モデル

・CFM56-5A1:25,000 lbf(A320)
※1987年8月 EASA認証

・CFM56-5A3:26,500 lbf(A320)
※1990年2月 EASA認証

・CFM56-5A4:20,000 lbf(A319)
※1996年2月 EASA認証

・CFM56-5A5:23,500 lbf(A319)
※1996年2月 EASA認証

ファン(FAN)

・36枚のミッドスパン・シュラウド付ファンブレード、材質:チタン合金(Ti-6Al-4V)、ブレード翼幅の大型化、枚数の削減(-2:44枚、-3:38枚)、翼型の改良

低圧圧縮機(LPC)

・軸流式圧縮機(3段)、チタン合金、3Dエアロ翼

高圧圧縮機(HPC)

・軸流式圧縮機(9段)、可変インレットガイドベーン、1段~3段は可変静翼、F101の技術を適用、チタン合金(前段)~ニッケル合金(後段)、ローター・アクティブ・クリアランス・コントロール

燃焼室

・シングル アニュラ型(SAC)、材質:ニッケル基耐熱合金、低NOx型燃焼器

高圧タービン(HPT)

・単段タイプ、新設計の動翼、内部空冷構造翼、翼表面にはフィルム冷却孔、初期はメタルコート~後期はTBCに変更された。高負荷型、ブレードの転向角は100°以上、80枚のブレードでHPT段を構成

低圧タービン(LPT)

・4段構成、シュラウド付きブレード、空力設計の見直し、新設計のLPT動翼、アクティブ・クリアランス・コントロール(ケーシング)

燃料制御

・FADEC

アクセサリー

・各種ポンプ類、機体側(発電機、油圧ポンプ)駆動用のギアボックス。

ギアとドライブシャフトを介し高圧軸(HP)と接続

CFM56-5A Series:Generator(機体用発電機)の駆動には最大135kw必要。

競合エンジン

IAE V2500

CFM56-5A スペック

CFM International
型式CFM56-5A Series
搭載機種A320/A319
離陸推力
最大推力[-5A1]
25,000 lbf
(A320)
[-5A3]
26,500 lbf
(A320)
[-5A4/-5A5]
20,000/23,500 lbf
(A319)
バイパス比6.0~6.2
ファン圧力比(FPR)
全体圧力比(OPR)31.3
ファン空気流入量382~397 kg/s
コア空気流入量
TSFC 燃料消費率
(lb/hr/lbf)
巡航推力
巡航推力[-5A All]
5,616 lbf
TSFC 燃料消費率
(lb/hr/lbf)
0.596
(35,000ft M0.82)
最大回転数 
低圧軸(N1)5,100 rpm
高圧軸(N2)15,183 rpm
EGT[-5A1]
890℃
[-5A3]
915℃
ファン
ファン直径1.73 m(68.3 in)
ファン枚数36 枚
形状ミッドスパン・シュラウド付き
ファンブレード
材質チタン合金
圧縮機
ファン1段
低圧段3段
高圧段9段
燃焼室
燃焼器タイプシングル・アニュラ型(SAC)
燃料ノズル
燃料制御FADEC
タービン
高圧段1段
低圧段4段
サイズ
型式CFM56-5A Series
全長2.42 m
ファン直径1.73 m(68.3 in)
重量4,995 lb
 推力重量比 4.00~5.30
運用開始1987 年

※一部のデータはEASAから

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »