那覇空港発着の路線バス情報

B737-800 高圧コンプレッサーブレード|CFM56-7B エンジン

CFM56_圧縮機ブレード

・ボーイング 737-800(CFM56-7B エンジン)の高圧圧縮機 1段目~9段目のブレード全9枚を、まとめて紹介します。

B737-800型機は160席クラスの旅客機として、北から南まで様々な路線で活躍している。搭載されているCFM56-7Bは、最大離陸重量 約70トンの機体を数十秒で空中へと持ち上げるパワフルなエンジン。

 

CFM56-7B 高圧圧縮機 ブレード #1~#9

BOEING 737-800

CFMI CFM56-7B

High Pressure Compressor Blade 1~9

  • エンジン型式:CFM56-7B
  • 最大推力:20,600~27,300 lbf
  • 高圧圧縮機:軸流圧縮機 9段
  • 全体圧力比:32.7
  • 構成:ファン1段+低圧圧縮機3段+高圧圧縮機9段+高圧タービン1段+低圧タービン4段
  • 搭載機種:B737NG(-600/-700/-800/-900)
  • 開発年:1997年
  • 備考:B737NGシリーズ用に開発されたCFM56-7Bは、-3シリーズのファンやコア内部を改良し燃費効率や整備性を向上させたエンジン。最大推力発生時には、ファン・低圧段(N1)は毎分5,380回転、高圧段(N2)は毎分15,183回転で作動する。圧縮機動翼は3次元空力設計が採用され、特に1段目はフォワード・スウェプト形状になるなど、従来型と比較して大幅に改良されている。

コンプレッサーブレードの詳細

Turbofan3 Labelled英語版ウィキペディアのZephyrisさん, CC BY-SA 3.0, ウィキメディア・コモンズ経由で

高圧圧縮機(High Pressure Compressor)は図の④の箇所で、高圧タービンによって駆動される。

ファンによって吸入された空気は、約8割がバイパス流としてそのまま排気され、2割がエンジンコア(圧縮・燃焼・タービン駆動・排気)を通過する。

コアに入った空気は低圧圧縮機である程度圧縮された後、高圧圧縮機によって30倍以上に圧縮される。

大気圧の30倍以上に圧縮された空気は、400~500℃という高温状態になっているためチタン合金では強度が維持できない。そのため、段の途中からニッケル基耐熱合金に変更されている。

高圧1段目(HPC STG1)

高圧圧縮機 動翼
名称HPC Blade STG 1
材質チタン合金
合金名Ti-8Al-1Mo-1V(Ti811)
サイズ110mm X 63mm
重量110 グラム

 

高圧2段目(HPC STG2)

高圧圧縮機 動翼
名称HPC Blade STG 2
材質チタン合金
合金名Ti811
サイズ79mm X 41mm
重量40 グラム

 

高圧3段目(HPC STG3)

高圧圧縮機 動翼
名称HPC Blade STG 3
材質チタン合金
合金名Ti811
サイズ64mm X 34mm
重量26 グラム

 

高圧4段目(HPC STG4)

高圧圧縮機 動翼
名称HPC Blade STG 4
材質ニッケル基耐熱合金
合金名Inconel 718
サイズ53mm X 27mm
重量30 グラム

 

高圧5段目(HPC STG5)

高圧圧縮機 動翼
名称HPC Blade STG 5
材質ニッケル基耐熱合金
合金名Inconel 718
サイズ43mm X 22mm
重量22 グラム

 

高圧6段目(HPC STG6)

高圧圧縮機 動翼
名称HPC Blade STG 6
材質ニッケル基耐熱合金
合金名Inconel 718
サイズ37mm X 21mm
重量18 グラム

 

高圧7段目(HPC STG7)

高圧圧縮機 動翼
名称HPC Blade STG 7
材質ニッケル基耐熱合金
合金名Inconel 718
サイズ33mm X 20mm
重量13 グラム

 

高圧8段目(HPC STG8)

高圧圧縮機 動翼
名称HPC Blade STG 8
材質ニッケル基耐熱合金
合金名Inconel 718
サイズ30mm X 20mm
重量12 グラム

 

高圧9段目(HPC STG9)

高圧圧縮機 動翼
名称HPC Blade STG 9
材質ニッケル基耐熱合金
合金名Inconel 718
サイズ28mm X 20mm
重量10 グラム

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Translate »